カナダ探偵団調査報告

日本人がもっとも行きやすい国?

日本人が毎年訪れるちょっと人気の国としてカナダが取り上げられることに疑問を思った探偵団は調査を開始しました。

 

探偵団の目的は、アメリカ合衆国ではなく何故カナダへ行くのか?それを知るためです。

 

まず、カナダの基本情報について知っておきましょう。
カナダをアメリカ合衆国の一部と思っている人もいるかもしれないが、ちゃんとした国です。
アメリカ大陸北部にある国で、豊富な自然資源と産業を中心に発展をしてきており、国の面積は世界でも2位の大きさを持っている。
カナダといえば最近ではヨーロッパやアラスカ以外でオーロラを見ることが出来る国として知られるようになった。これは日本人に限った認識であり、昔からオーロラは見ることが出来たが、日本で放送されたテレビ番組で特集されたことで、カナダ=オーロラという認識が広がったといえる。

 

またカナダには英国と仏国の植民地だった時代の面影があり、生活様式や食生活などにもその影響が残っており、イロイロな様式を取り込んだことで独自の文化を形成することが出来た国でもある。

 

カナダで一番有名な観光地としてはナイアガラの滝ではないだろうか、最大落差が55メートル、全ての滝をあわせた流れ落ちる水の量は毎分で11万立方メートルという膨大な水が途切れることなく延々と流れ落ちているのです。

 

他にも赤毛のアンの舞台ともなった国であり、観光する場所は様々です。